信頼できる美容師がいるのは良い

はじめに

前の記事で、
信頼できる人がいれば良い、という中に美容師というのがあった。

病院や車屋もそうだけど、自分の事を解ってくれてると話が早い。

今の人

には奥さんの紹介で出会った、何年か前。
白石 菊水のScissor Hachi(シザーハッチ)という所。
自分の事を解ってくれてるし、面白いし、技術もある。
もう今のところ、違う人には頼めない。

前の人

は、東区のFAME(フェイム)という所(当時はLABOという名前もついていた)にいた、伊東さん。
この人にも何年もやってもらったが、地元に帰るとなり、その後もここに通おうかな、と思ったけどタイミング良く今の人を紹介されたので行かなくなった。
この人も、技術は分からないけど、よく笑ってくれる話やすく綺麗で面白い素敵な人だった。

この伊東さん所に行ったのは家が近かったから。
その日は人生で最初で最後の美容室のハシゴ。

その前は

今はあるか分からないが、狸小路1丁目辺りのカツ丼屋の近くの所(名前は忘れた)

きっかけは大学の入学式でチラシを配ってた気がする。
少し太ってて髭生えてて、いとこに雰囲気が似てた人。
記憶にあるのは赤い髪に染めた事(赤胴カラーと2人で言ってた)
この人も兄貴的な存在で好きだったけど地元に店出すから辞めた。

次にもう1人いた気がするけど覚えてない。

んで、この店で最後の人。
吉岡さん、という名前だった気がする。
ロカビリー好きで、バンドもやってて、話は合った。
この人にも何年かやってもらった気がする。
ジョジョのブチャラティの髪型にしたんだけど、
言ってくれればよかったのにコソコソ裏で笑ってた気がして(確かに変だったかもしれない)、
それから少し気分が悪くなり行かなくなった。

これが伊東さんに繋がる。
ブチャラティはしたかったんだけど、笑われて自信をなくし、その日に助けを求めハシゴした。
その美容室の近くにクレープ屋だったかな?少し好きな女の子がいて、髪やった後に寄ったんだけど、あの確実に引いてる顔は忘れられないw

信頼できる人がいるという事

実は今も当時とは少し違うがブチャラティ風の髪にしてる(マッシュ)
気に入ってる。
が、今後ももしかしたら自分と相談しながら少し変わるかもしれない。

その吉岡さんとの事は何年も前の事だが嫌な思い出として今でも覚えてる。
伊東さんの事も。
自分は髪にこだわりがあるからかもしれないが、医者と同じで今の髪の分野での信頼できる人がいる、というのは気持ち的に安心に繋がるし、他のもっと重要な事(仕事・家事・育児等)に集中できる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。