猫が家の前に放置されてたので保護し里親探し

アパート前に放置されてたらしく

奥さんが拾ってきた。
自分なら拾わないが、奥さんは昔、猫を飼っていて落ち込んだ時とかに励まされてたみたいで、ほっとけなかったんだと思う。

こういう風に布団も入ったケースごと置かれていた。
ウチはペット不可で、保健センターは殺処分される可能性が高いとの事で、里親探し。

始めの様子

怯えてた。
ケースから出すと洗濯機の狭い隙間に入り2匹寄り添ってずっと鳴く。
近寄る事もできない。

病院へ

里親探しのマナーとして、

  • ワクチン接種
  • エイズ検査

らしく1時間程格闘し結局無理やりケースに入れ連れて行った。
結果、割と手入れもされてて耳ダニや寄生虫も大丈夫。
ワクチンは1週間後、エイズはまだ小さすぎて正確に出ないとの事。

警察へ

  • 一時的に置いただけ
  • 盗まれた猫を置いた

等、可能性は0ではない為、念の為に警察に届けた方がいいとの事。

民間施設

といった場所は、もう猫数オーバーしてるし、お金がかかるようなのでやめた。

次の日

何とか1匹、引き取られる。
気持ち的に少し楽に。
しかし残った三毛、虎(たぶん姉妹:どちらもメス)がいなくなったもんだからさらにうるさく…

共同生活

夜鳴き・その辺で粗相…
その為、寝不足・精神的ダメージ。
今まで自分は金魚やハムスターくらいしか飼った事ないので…
子供もいるし、もういっぱいいっぱい。

しかし何日か経つと

鳴くボリュームが小さくなり、粗相は相変わらずだが、
少し近寄れたり近寄ってきたり触ったり抱けたりできるように。
そうなると少し可愛いと思っちゃう。
ちなみにここは子供の昼寝する場所…
でも今度は自分らの邪魔をしたり、部屋の物をひっくり返したり。
あと体に乗っかってくると爪が痛い。

残りの1匹も里親へ

ちょうど一週間一緒に過ごした。
里親さんはどちらも可愛がってくれそう。
これは里親さんから頂いた写真。

cat03

あっという間だったけど大変だった。
途中、このまま飼っちゃってもいいかな、とも思ったけど、少し時間が経ち今思うとやはりナイな、と。
子供もいるし今の状態でいっぱいいっぱい。

捨てた人に対しては怒りしかない。
世話代・病院代、里親探しの労力・精神的苦痛、請求したい。
何らかの事情で飼えなくなったら次の飼い主をちゃんと見つけてくれ。

でも、少し楽しかったな。
子供も触れ合えたし。
みーちゃん(仮名:三毛猫だから)も虎柄の方もお幸せに!

cat04

cat05


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。