経費について思う事

憧れ

昔、自分が初めて正社員になった会社では飲み会が結構あった。
ねーちゃんのいる店にもよく行ってて、自分はそれまでそういった店には行った事があまりなく、華やかな世界だなー、とドキドキしてた記憶がある。
社長や上司には毎回ごちそうになってて、結構な金額なのに凄いな・かっこいいな・自分もこうなりたいな、と目を輝かせてた。
ベンツにも未だに憧れがある。

しかし、それから数年経ち、もう何社も違う会社へ行き色んな人にあってるうちに経費という存在を知り、『あの時のお金は経費というものだったんじゃないか』と思うように。
それまで経費というものをあまり考えた事がなかった為、少し調べてみる事にした。

経費とは

経費とは文字通り仕事に必要な費用。
なぜ経費がよく話題になるのか。
それは税金対策・節税になるから。

税金は利益(売上-経費)に対して発生。
利益が高ければ高いほど税金も高くなり、利益が低ければ低いほど税金も低くなる。
自分が頑張って売上あげたのにその分を税金でとられるなんてアホらしいよね。
だからなるべく経費にして税金を安くする。
飲み会は仕事で必要な接待にできるし、車も通勤で使えば経費にできる。
だけど勿論チェックはあって仕事に関係ないものは当然、経費にできない。
車であったらスポーツカーなら当然、経費にはできない。
仕事に必要か、という事を説明できなければならない。
なので社用車にはセダンが多い。

なぜベンツが多いのか

税金対策には新車ではなく中古車を購入するとの事。
ここでは詳しく書かないが減価償却の為。
あとあまりベンツは価値が落ちないらしい。
なので何年か乗って売る、という事をする。
資産にもなる。
この辺は経営者なら知ってる事なんだと思う。

経費のチェックは曖昧・グレーな部分もあって、うまくやれる事もあると思う。
でも怖いよね。
勿論ブラックな事やってたらハネられる。
あと目立ってたりすると目をつけられ細かくチェックされたりするらしい。
とにかく経営者になったら経費の事はよく知ってクリーンにうまくやっていきたいよね。

あの時のは経費だったのか

それは分からない。
プライベートなら本当に凄いし、ご馳走様です。
でも会社のお金でもそれなりの売上って事だし、自分がそこまで売上に貢献してるとも思えないので、やはりご馳走様だ。

どっちにしろ憧れはなくなっておらず、売上出してお世話になった人にご馳走したいし、ベンツにも乗ってみたいと思う。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。